飾り線上

寒い週末の夕方はひっそりと

飾り線下
太宰の斜陽の、がお気に入りの私は、静岡にある安田屋旅館に宿泊に行った。
連れとして小説をよく読む親友。
目的の安田屋旅館は、太宰治がこのストーリーの一部を考えるために泊まった有名な旅館。
一歩進むと、ギシッと、聞こえる。
宿泊のついでに見せてもらったのが、宿泊した2階の角部屋。
雪をかぶった富士山が少しだけ、姿を出していた。
道路を渡ってすぐの海にはいけすがあった。
三津浜は来たかいがありまくり。

無我夢中で叫ぶ妹と公園の噴水
職場で着用するジャケットを手に入れに行った。
コムサとかフォーマルなお店も憧れるけれど109も良いと思う。
20代くらいのハキハキとした女性服の服屋でラインが強調されるファッションが多い。
金額は店によって違いが表れるが、大体は安価。
そこで、スーツを選んでいたが、細身の物ばかり売られていた。
着てみると、普段よりあか抜けているように見える気もする。
良いショッピングができて、めちゃくちゃ満足感があった。
飾り線上

気どりながら体操する彼と僕

飾り線下
知り合いがこのごろエサ釣りによくスポットに行ったらしい、少ししか釣れなかったらしい。
小魚があきれるほどいて、チヌ釣りがやりにくかったらしい。
けれど、大物のの40cm近くがあげれたらしいから、うらやましい。
何年か前にいただいてさばいて口に入れたがものすごく好みだった。
そんなのがあがったと知ってしまったら釣りに出かけたくなるが、今すぐというわけにはいかないので今度だ。

笑顔で吠える友達と花粉症
小学生の時から、読書は好きでしたが、何気なく、家や図書館にある本を読んでいました。
真剣に自分の意志で進めるようになったのは、高校生のとき。
クラスで、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを読んでからです。
物語は、恋人を失った主人公の、高校時代の思い出からの幕開けです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験なんてその時も今も、もちろんありません。
しかし、高校生の私に主人公の悲しい気持ちが重なってきました。
初めての気持ちでした。
主役と、その時の私の年が近かった事、それもあってだと思います。
その帰りに、文庫本を買って帰ったのが本購入の初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の小説ですが、永遠に色あせない素晴らしい作品だと思います。
飾り線上

騒がしく話すあの人と枯れた森

飾り線下
冷え性にかかってからは、若干過酷だけれど、やっぱり寒い季節が好きだ。
家の外が乾燥しているからか、パリッとした香り、さらに暖房器具の温もり。
真冬の陽の光ってゴージャスな気がするし、レフを持っていく、夜の浜辺もきれい。
季節を撮りたかったら、性能のいいカメラもOKだけれどトイでバリバリ連写するのがなかなかかっこいい一枚が見つかる。

気持ち良さそうに体操する先生と冷たい肉まん
まだ行ったこともないロシアに、必ずいつか行けたらいいなという目標がある。
英語に無謀さを感じた時、ロシアの言語を息抜きにやってみようと思い立ったことがある。
けれども、ぱらぱらめくったロシア語の文法のテキストだけで一瞬にして辞めることにした。
とにかく活用が半端じゃないくらい複雑だったのと、私ができないあの巻き舌だ。
旅行としてウォッカとオリビエを目指して行きたいと思う。
飾り線上

無我夢中で大声を出す友人と暑い日差し

飾り線下
チカコとニューヨークのアバクロに入った。
2人ともアバクロンビーのシンプルなデザインが気に入っている。
そして、店内の高級感と、香水の匂いが。
2時間程うろついて、アバクロを後にした。
すると、私は通路をふさいでいたので、ごめんなさい!と言い振り返る。
すると、店内にいた男性。
笑顔で、大丈夫ですよ、と言っていた。
目についたのは、その荷物。
Abercrombieでどれだけ買ったの?って聞きたくなった。
その後、スタバでチカコとそのお兄さんの職業当てで話が弾んだ。
ANSWERは永遠の謎だ。

控え目に歌う姉ちゃんとわたし
ベローチェでもミスドでもさまざまな場所で美味しいコーヒーを飲むことができる。
もちろん、飲みたいときにインスタントでも楽しめるし、自動販売機で買う

私が好きなのがスターバックスコーヒーだ。
共通してノースモーキングと言うのは、喫煙の無理な私にはポイントだ。
よって、コーヒーの匂いを楽しむことができる。
値段も張るけど、立派な豆が使われているのでコーヒーにうるさい人にはたまらないだろう。
甘党の人は入るたびにコーヒーと、つられてデザートなど注文してしまうという落とし穴もある。
飾り線上

泣きながら歌う彼とよく冷えたビール

飾り線下
何かプレゼントを考えなくてはと思っている。
結婚記念日が近くて、妻に何かプレゼントしたいけれど、とても良い贈り物が決まらない。
妻になんか欲しい物があれば、話は早いが、ほとんど、欲しがるものがないので、本人がもらって喜びそうなものが思いうかばない。
だけれど、内緒でなんか見つけてびっくりさせたい。

笑顔で泳ぐあなたと僕
人のおおよそは水だという研究結果もあるので、水の摂取は人々の基盤です。
水分摂取を充分に行い、みなさん健康で楽しい季節を満喫したいものです。
きらめく光の中から蝉の鳴き声が聞こえてくるこの頃、いつもそんなに外出しないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だったら紫外線対策に関して気になる方が多いかもしれません。
夏のお肌の手入れは夏が過ぎた時に表れるという位なので、やっぱり気にかけてしまう所かもしれません。
もう一つ、すべての方が気を使っているのが水分摂取に関してです。
まして、いつも水分のとりすぎは、良いとは言えないものの暑い時期は少し例外かもしれません。
というのは、多く汗をかいて、知らず知らずの間に体から水分が抜けていくからです。
外出した時の本人の体調も関係するかもしれません。
ともすれば、自身が気づかないうちに軽い脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
暑い盛りの水分摂取は、次の瞬間の体調に出るといっても過言ではないかもしれないです。
少し外に出る時も、小さなものでかまわないので、水筒があると非常に経済的です。
人のおおよそは水だという研究結果もあるので、水の摂取は人々の基盤です。
水分摂取を充分に行い、みなさん健康で楽しい季節を満喫したいものです。

小さい飾り線上

カテゴリ

小さい飾り線下

カテゴリ


Copyright (C) 2015 マジシャンに趣味はなかった All Rights Reserved.
レトロ飾り